5月20日 五目釣り 福田漁港 磯光丸さん

釣り
05 /21 2017
こんにちは。

磐田市 福田(ふくで)漁港の遊漁船に乗ってきました。

集合は朝5時30分とのこと。
時間に遅れず、ほぼぴったりに到着すると、船長すでにスタンバイOK。
僕の他のお客さんも、すでに揃っていました。
待たせるような格好になってしまい、申し訳ない。

荷物を積み込むと、早速出船。
港を出て、東の方へ、すなわち、御前崎の方面へ向かって走ります。

この日のコンディションは、風少なく、波低く、釣り人にとってはストレス少なく釣りが出来ます。
下の写真は、中盤に撮ったものですが、ご覧ください。
べったべたの、ベタ凪です。
気持ちいい!



さて、朝一のポイントでは、型の良いアジが入れ食い。
30分経たないくらいで、すでに5,6本揚げて、僕はすでに満足(笑)
そして、この時間帯に、これまた型の良いイシダイをゲット!

ここ最近、遠州灘、駿河湾の釣果を見ていると、イシダイが混じっているのです。
今年は、海の中で、イシダイが活発なようです。

船宿の推奨仕掛けは、Hayabusa ショート吹き流し 3本針。
錘は100号。
コマセは船宿で用意してくれ、アミコマセを使います。

僕は、この日、お客さんが少ないことと、ダイワの短く硬い竿で積極的に誘いたいと思い、錘80号を使いました。
本当は・・・秘密(汗)
でも、隣のお客さんとオマツリしたのは1度だけですし・・・。
オマツリはダメですね、ごめんなさい。

朝一のポイントで食わなくなったら、船長、場所移動。
その後、ぽつぽつとアタリがあるも、朝一の活況は影を潜めました。
そして、船長「イサキ釣りに行く」との事。

イサキのポイントへ行くと、すでに、船長との顔なじみらしき船がイサキ釣りをしていました。
話によると、イサキばかり、先ほどからぽつぽつ釣れるとの事。
船長、慎重に場所を選び、錨を投入。

投入1回目で、レギュラーサイズの、腹膨らみつつあるイサキをゲット。
うれしいと思うも・・・この後続かず!
でも、隣のお客さんはバンバン釣れている、何が違うのか・・・・(笑)
この日はお客さん少なかったため、船長も右舷ミヨシ側で、竿を出していました。

そうして、後半・・・・意外と底付近にイサキがいることが分かりました。
大物を狙い、底から6メートル以上を探っていましたが、どうも、ダメなようでした。
あと、この日セレクトした竿は、イサキ釣りには硬すぎました。
アジ、イサキとも、かかっても途中でバラす場面が何度かありました。

一日終わってみれば、まずまずの釣果。
僕としては、十分満足できる結果です。
ここのところ、当たりはずれが大きかったようですが、船長曰く、今日は良かったとのこと。
イサキをバンバン釣っていたお客さんは、クーラーボックス満タンにしていました!

実家へ寄り、魚の下ごしらえ。
刺身も作って置いてきました。
下の写真は、釣果の一部です。

F_2017-05-20_02.jpg

イシダイの目が白くなっているのは、直接、氷にあててしまったからです。
本来は、魚らしい、生き生きした目をしていますよ。

では、また。
スポンサーサイト

5月14日 近場五目釣り 由比漁港 青木丸さん

釣り
05 /16 2017
こんにちは。

由比漁港 青木丸さん「人数揃えば石花海へ」という文言があり、きっと誰かいるだろうと思い、電話してみました。
前日に電話したのが悪かったのか、この日は、予約ゼロ人との事で。
釣行は無理かなと思っていると、滑り込みで、別のお客さんが。
幸運にも、出船していただけました。

さて、青木丸さんは、常連さん(仲乗りさん?)が複数人おいでなのです。
心強い。
釣り物は、近場での五目。
集合は、朝5時でした。



由比漁港を出て、岸沿いに北へ・・・つまり、駿河湾の奥の方へ進みます。
海上を走ること20分程度。
上の写真は、船上から岸を見たところです。

仕掛けは、錘80号~100号、ハリス4ヒロ~5ヒロ(6m~7.5m)との事。
僕は、片天秤にサニーカゴFL、錘80号、1mクッションゴムをつけて、ハリス3号6mの2本針を用意しました。
真鯛を意識した仕掛けです。
コマセは船で用意して頂け、オキアミを使います。

さて、この日は、全体的に・・・・渋い!
お客さん曰く、「このところ、ここら辺だけではなく、全体的に良くない。」との事。
なるほど、なんとなく各船宿さんの釣果が賑わっていないとは思っていましたが。
この中でも、じっくり、一本をとるのも、面白いです。

右舷の常連さんにヒット。(僕の釣り座と逆サイド)
サバ!
外道を除けば、この日のファーストヒット。
常連さんのご厚意で、この一匹は頂戴しました。ありがたや~。

常連さんの仕掛けを見ると、黒色のステン缶に、半月型の片天秤。
これが、青木丸さんの標準仕掛けでしょうか。

この日の海上のコンディションは、風ほぼなく、波もほぼなく。
駿河湾の中ですから、このコンディションが普通なのでしょうか。
御前崎と比べると、同じ静岡県下でもずいぶん、様子が異なるような。
朝一は1m下も見えないくらい海面が濁っていたものの、後半は澄んでくるという、僕としては珍しい体験。

ポイントを何回か流しつつ、時にポイント移動。
付けエサがそのまま残っている場面と、手ごたえ無くすっかり取られている場面とがありました。
なかなか、針がかかりしてくれません。
棚でコマセを振り、しばらく置き竿にしておきました。

すると、ググッと魚信が!
竿を大きくあおり、手巻きで巻いてきました。
途中でグイグイと引き込む様子があったので、小鯛かなと思いながら・・・上がってきたのは・・・
マハタ!

初めてマハタを手に取り、うれしくなりました。
サイズは控え目の、30cmくらいでしょうか。
横縞がきれいです。
意外と、小さなとがった歯をお持ちなのですね。

そのあと、11時まで竿を出すも、僕がキャッチできたのはこれだけでした。
帰港し、船長曰く「こんなに悪い日はない」との事。
う~ん、アウトドアレジャーなので、当たりはずれはあるかと思いますが、週末のレジャーとして十分楽しめました。

頂きものも含め、釣果の写真をアップします。
F_2017-05-14_02.jpg

マハタはぬるぬるしていました。
今日はこれで。
では、また。

5月3日 イサキ釣り 吉田漁港 恵漁丸さん

釣り
05 /04 2017
Webページを見ると、普段はタチウオをメインに出船されている様子の、恵漁丸さん。
ゴールデンウィークのためか、釣り物にイサキの文字が。
沖でやるコマセ釣りが大好きな僕としては、大きな予定のない今年のゴールデンウィークに、早速予約。
前日予約でしたが、快くOKしてくれました。

当日は、朝4時集合、この辺の地域では、早い時刻だと思います。
コマセは船で用意してくれましたが、ロッドキーパーと電源は、自分で用意したものを使いました。
きっと船でコマセを用意してくれるだろうと見こして、そこから拾って使えば良いと横着な考えで、付けエサは用意せず。
あ、いちおう、疑似餌(ゴム製で好みのサイズに切って使うもの)は用意しましたが、ほとんど使わず。



吉田漁港から出船し、海上を南へ南へと。
左舷3名、右舷4名、計7名の余裕あるスペースで釣りが出来ます。
船長より、僕の釣り座は、左舷胴の間を指定。
イサキ釣りでは、コマセが良く効くからとの配慮で、うれしい。

ほぼ無風、前半ほぼ凪、後半ややうねりあるも、終始気持ちの良いコンディション。
用意した竿は、中古で手に入れたダイワの潮流50-330Vです。
この日のコンディションだと、置き竿にしても船の揺れで丁度良い誘いになっていたような感じです。

それにしても・・・ずいぶんと、海上を走る・・・御前崎が見えてもさらに沖へ。
常連さん曰く、「この辺でも釣れるにゃー釣れるが、型が小さいで、沖いかにゃー。」との事。
なるほど、他の船もずいぶん沖にいるように見えます。

竿出しは6時から、船長の合図で、始めは25mの指示。
しかし・・・1投目では反応無し。
さっさと場所移動する船長。
移動先で、小型のイサキが2尾手に入り、ボウズを逃れ一安心。

と、ここで、早くも、この日一番のドラマが。
左舷ミヨシのお客さんの長竿が大きく曲がる。
巻き上げる途中、ギュンギュンと強く突っ込む。
マダイ・・・にしては、ずいぶん、長時間突っ込む。

上がってきたのは、2kgは越えているであろう大きなイシダイ。
右舷ミヨシの常連さんが手にしたタモでは、ようやく納まるサイズ。
イシダイに特徴的な横縞がまだ残っており、イシダイらしさが感じられる、風格の一枚。
早い時間にこれを上げてしまったら、本命イサキが霞んで見えてしまうのでは(笑)

僕もイサキの他に、何か別のものを釣りたいなと、心中密かに思っていました。
竿を数度シャクリ、シャクリ上げたときに、グイグイッという明確なアタリ。
イサキのシャープな引きとは違う、重みのある引きで、お、これは何だろうと・・・思い、上がってきたのは・・・
メジナ君・・・(笑)

僕は嫌いじゃないです。

この日の仕掛けは、4号4.5m3本針、1mのゴムクッションに、錘100号で挑みました。
全体的に、食いはそれほど活発でないものの、付けエサがとられるシーンが度々ありました。
本命、イサキがエサ取りをするのか、それとも他の魚なのか・・・。
取られるシーンでも、オキアミの胴部分を残している場合と、胴部分も全部持っていかれている場面がありました。

13時頃沖上がり。
港に向かう途中に御前崎を遠景に眺めました。
F_2017-05-03_02.jpg

さて、はじめての、釣り記事投稿で、魚の写真を撮るのを忘れていました!w
イサキ10匹、メジナ2匹程度の釣果でした。
梅雨の時期になったらイサキは本番ですかね。
気温は暖かくなってきましたので、海の中もそろそろ春なのでしょう。

最後に、イサキ3匹分の刺身画像を載せます。
またね。
F_2017-05-03_03.jpg

記述

記述
04 /14 2017
はじめに不思議だと思ったことは、小学生で習う九九だった。
足し算はイメージできたけれども、九九が必要だという理由が分からなかった。
後年、九九は必要ではなく、「便利」なのだと分かった。
しかし、当時はそれに気づけず、つまり、迂闊であって、些細な事に敏感な少年だった。

時は一様に過ぎ、忙しい時も、そうでない時も経験した。
これから話そうとする事は、明確に自伝で、小説ではないのだと思う。

ずっと昔の記憶で、僕は、自分自身が運の良い人間だと信じていた。
理由は分からなかったけれども、そうだと思っていた。

しかし、ある時、僕の人生に先が無いと感じた。
それは10年以上続いた。
僕の感性は鈍くなり、非合理的なもの、つまり、オカルト的なもの程より世界を正しく映しているのだと考えていた。
長いトンネル、暗い道。
オカルト的なものに取りつかれると、そういう体験を味わわなくてはならないのだ。

濃い霧が晴れたのは、つまりに、周りの環境のおかげだった。
自分自身の努力がなかったとは言わないけれども、つまり、運が良かったのだ。
かつて、自分は運が良いと、根拠もなく思っていた事は、多分に、正しかったのだ。

結局、人を作るのは、その人を取り囲む条件なのだ。
自然環境、経済環境、身体環境、人間環境、文化環境・・・。
環境・・・この大いなる、畏怖すべき父。
僕たちは環境に生かされているのだ。

社会人は消費と供給の両方を行う人だ。
他人の痛みも喜びも分かる。
多くの人と交わると、自然と、非合理的なものは除かれていく。
必要だからである。また、便利だからである。
しかし、ここでも、環境が必要を生む。

世界に意味は無い。意味を与えるのは人だ。
人が居ないと世界は無い。世界が無いと人は居ない。
互いに相補的なのだ。

世界はたぶん、ただ、あるがままにあるのだ。

トード・オブ・ロード

めいぽ
06 /19 2016
おひさしぶりです。

トードのハンマーの使い方を教えてもらい、いざ、実行っ



うーんむっ・・・・・!

憧れの、150装備

強そうです・・・・・・!

Jun19_2016_02.jpg

そして、

ついに、

きました、

2 0 0 レ ベ ル !!!!!

Jun19_2016_03.jpg

すべての道はローマに通ず

ご協力、感謝いたします!

みぞにっき

メイプルストーリーでは、モンパ、ドロップアイテムを拾うのが好きです。
沖釣りでは、コマセを使った、マダイ、アジ、イサキ釣りなどが好きです。
外道でもサバ、ソウダガツオは割と好きで、ホウボウが混じったらむしろ裏本命です。